交通事故問題の専門サイトをご覧ください

近年の交通事故相談者が多いことを鑑み、
交通事故相談専門サイトを設立いたしました。
是非、お役立てください。

初回相談料、着手金は無料にて対応しております。
※大変恐れ入りますが、物損のみのご相談はご遠慮ください(保険で「弁護士特約」をお付けの方を除きます)
jiko0001.png

 

 

交通事故問題に関するページ
 

クリックすると関連ページへリンクします。
 

交通事故に遭ったら(詳しくはこちらをクリック)

 

交通事故問題解決の流れ(詳しくはこちらをクリック)

 

損害賠償について(詳しくはこちらをクリック)

 

後遺障害認定について(詳しくはこちらをクリック)

 

後遺症がある場合(詳しくはこちらをクリック)

 

保険会社の賠償基準とは(詳しくはこちらをクリック)


示談交渉とは
(詳しくはこちらをクリック)


自賠責保険とは
(詳しくはこちらをクリック)


任意保険とは
(詳しくはこちらをクリック)


過失割合とは
(詳しくはこちらをクリック)

過失割合とは

自動車事故を起こしてしまった時にみなさんが気になるのは、自分の過失割合がいくらあるのか?ということではないでしょうか。

過失とは、自動車の運転者の不注意を言います。

しかし自動車だけでなく自転車や歩行者などの交通弱者でも過失が発生する場合があります。

例えば、信号を無視して交差点を渡る歩行者が事故に遭えば、歩行者側に重大な過失があります。

過失割合とは、”30:70”などのように表されるように、交通事故が起きた原因を双方の過失の割合で数値化したものです。

この数字によって、その後の自賠責保険の支払いや任意保険の支払いにまでも影響してくるのです。

事故の過失割合は、裁判所の判例を基本にして作られた基準があり、事故の状況をその基準に照らして判断しています。

事故の当事者である契約者、事故の相手(保険加入があれば、保険会社)からお話を聞きながら、道路の状況や双方のスピード、一時停止をしたかなどを考慮して個別に判断しています。

流れとしては、両当事者から事故状況を詳細に聴取し、必要に応じて事故現場に出向いて調査したり、届出警察や検察庁などで調査したりします。

そして、過失割合認定基準を元に過失割合の判断をし、契約者の了解を得て相手方と交渉し、最終的な過失割合を決定します。
 

過失割合に関する判例

判例を大きく分けると、どちらかが止まっている状態の事故とそうでない事故に分けることができます。

片方の車が止まっていて、そこに追突したというような場合であれば、追突した側の100%の責任となるケースが多く見受けられます。(必ず100%の責任となるという事ではありません。)

しかし、そうでない事故(例えば動いている車同士の事故等)の場合は、双方に注意義務が生じ、赤信号無視などの特殊な場合を除くと、一方の過失責任が100%となるケースは少ないのが現実です。

 

法律問題の個別相談・お問い合わせはこちらから

ImgTop4.jpg

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。

法律相談の流れehlo_mailban.png


事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら



不動産トラブルについてはこちら

江原不動産サイトバナー2.png





弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner

 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-9-6 新越谷プラザビル2F

Copyright © 2015 弁護士法人江原総合法律事務所 All Rights Reserved.