交通事故問題の専門サイトをご覧ください

近年の交通事故相談者が多いことを鑑み、
交通事故相談専門サイトを設立いたしました。
是非、お役立てください。

初回相談料、着手金は無料にて対応しております。
※大変恐れ入りますが、物損のみのご相談はご遠慮ください(保険で「弁護士特約」をお付けの方を除きます)
jiko0001.png

 

 

交通事故問題に関するページ
 

クリックすると関連ページへリンクします。
 

交通事故に遭ったら(詳しくはこちらをクリック)

 

交通事故問題解決の流れ(詳しくはこちらをクリック)

 

損害賠償について(詳しくはこちらをクリック)

 

後遺障害認定について(詳しくはこちらをクリック)

 

後遺症がある場合(詳しくはこちらをクリック)

 

保険会社の賠償基準とは(詳しくはこちらをクリック)


示談交渉とは
(詳しくはこちらをクリック)


自賠責保険とは
(詳しくはこちらをクリック)


任意保険とは
(詳しくはこちらをクリック)


過失割合とは
(詳しくはこちらをクリック)

自賠責保険とは

自賠責保険とは、自動車またはバイクなどによって、交通事故が起きたときに被害者や遺族が最低限の保証を受けられるよう法律によって定められた、自動車保険制度です。

自賠責保険は正確には、自動車損害賠償責任保険といい、自賠責保険と自賠責共済のことを強制保険といいます。

公道を走行する車両には自賠責保険(または、自賠責共済)に強制加入する事を自動車損害賠償保障法により義務づけられています。

そのため、自賠責保険のことを一般的に強制保険と言います。
 

自賠責保険の加入と罰則

自賠責保険未加入の車両等の運転をすると、法律で罰せられます。

自賠責保険に加入していたとしても、保険の有効期限が過ぎている場合も未加入と見なされますので、やはり罰せられます。

罰則は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金になります。


・自動車損害賠償保障法第5条の規定違反、第86条の3による罰則

また、道路交通法違反で、違反点数が6点(免許停止処分)となります。


・道路交通法第103条および第108条の33による

自賠責保険に加入していても、自賠責保険の加入証明書を車内に積んでいない場合、30万円以下の罰金刑を科せられます。
 

・自動車損害賠償保障法第8条の規定違反、第88条の1による罰則

自賠責保険に未加入、保険の有効期限切れ、保険加入証明書の未所持が発覚した時点で罰則が適用されます。

交通事故と関係なく適用されますので、手続きを忘れないようにしましょう。

特に排気量250cc以下の自動二輪車や原付バイクなど、車検がないものは有効期限切れに気づかないことがあります。

自賠責保険には排気量に関係なく原則、加入する義務があります。
 

自賠責保険が適用される対象は?

自賠責保険は対人賠償保険であり、物損事故には適用されません。

つまり相手方と搭乗者への死亡・後遺障害・ケガが補償の対象となります。

従って、交通事故による自分自身のケガや相手の自動車やオートバイ、その他の物を壊したりした場合は適用されません。

また、自賠責保険では支払額にも限度があるので、その限度額を超えたものは補償されません。相手方が支払い能力のある人であればよいですが、通常は任意保険に加入していないと支払いは不可能であると考えます。
 

自賠責保険の補償

自賠責保険で補償される補償限度額は、交通事故1件にではなく、1人につきそれぞれの状態(ケガや後遺症など)に限度額が決められています。

保険金額の限度額は、自動車損害賠償保障法施行令で定められています。

補償の対象は次の通りです。
 

(1)傷害による損害

・被害者1人につき、120万円

・支払治療費:応急手当費、護送費、診察料、入院料、投薬料、手術料、処置料、通院費、看護料、諸雑費、
 柔道整復等の費用、義肢等の費用、診断書等の費用

※原則として実費とし、治療・療養に必要かつ妥当な額が支払われます。
 

(2)休業損害

・1日につき、5,700円

ただし、立証資料等により1日につき5,700円を超えることが明らかな場合は、1日につき19,000円を限度として、実額が支払われます。
 

(3)慰謝料

・1日につき、4,200円

慰謝料の対象日数は被害者の傷害の態様、実治療日数その他を考慮して治療期間の範囲内で決められます。
 

(4)後遺障害による損害

・被害者1人につき、最高4,000万円~75万円まで(後遺障害認定のページを参照)

・逸失利益:後遺障害がなければ得られたはずの収入

・慰謝料等:障害の程度により第1級1600万円~第14級32万円
※第1級~第3級までは、被扶養者があるときは、増額されます。
 

(5)死亡による損害

・被害者1人につき、3,000万円まで+葬儀費60万円

・逸失利益:死亡しばければ得られたはずの収入

・死亡本人の慰謝料:350万円

・遺族の慰謝料:請求権者1名の場合550万円、同2名の場合650万円、同3名の場合750万円
※被害者に扶養家族がいる時は、この金額に200万円が加算されます。
 

(6)死亡するまでの傷害による損害

・被害者1名につき、最高120万円まで(傷害による損害の場合と同じ)

この金額は、自賠責保険では、ここまでしか出ませんということです。

この金額だけで判断する事なく、金額にご不満の場合には一度当事務所にご相談ください。

 

法律問題の個別相談・お問い合わせはこちらから

ImgTop4.jpg

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。

法律相談の流れehlo_mailban.png


事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら



不動産トラブルについてはこちら

江原不動産サイトバナー2.png





弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner

 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-9-6 新越谷プラザビル2F

Copyright © 2015 弁護士法人江原総合法律事務所 All Rights Reserved.