交通事故問題の専門サイトをご覧ください

近年の交通事故相談者が多いことを鑑み、
交通事故相談専門サイトを設立いたしました。
是非、お役立てください。

初回相談料、着手金は無料にて対応しております。
※大変恐れ入りますが、物損のみのご相談はご遠慮ください(保険で「弁護士特約」をお付けの方を除きます)
jiko0001.png

 

 

交通事故問題に関するページ
 

クリックすると関連ページへリンクします。
 

交通事故に遭ったら(詳しくはこちらをクリック)

 

交通事故問題解決の流れ(詳しくはこちらをクリック)

 

損害賠償について(詳しくはこちらをクリック)

 

後遺障害認定について(詳しくはこちらをクリック)

 

後遺症がある場合(詳しくはこちらをクリック)

 

保険会社の賠償基準とは(詳しくはこちらをクリック)


示談交渉とは
(詳しくはこちらをクリック)


自賠責保険とは
(詳しくはこちらをクリック)


任意保険とは
(詳しくはこちらをクリック)


過失割合とは
(詳しくはこちらをクリック)

交通事故の示談

「示談交渉」とは、被害者側と加害者側で話し合い、交通事故の損害賠償額を決定することです。

交通事故によって生じた損害は、ほとんどの場合、最終的には金銭的な解決をすることになります。

交通事故の被害者が、示談交渉でしなければならないことは、損害賠償金額を試算することと、試算の根拠をきっちりと証明することです。

この損害賠償額と試算の根拠の2点がしっかりできていれば、保険会社が提示するような極端に低い損害賠償額で示談が成立してしまうようなことにはならないでしょう。

損害賠償額を算定する際、被害者にとっては、すべての損害を賠償してもらいたいという希望があり、その一方で、加害者にとっては、できるだけ支払う金額を抑えたいという意向があります。

そのため、被害者が求める損害賠償額と加害者の承認する損害賠償額には、大きく差が生じてしまうこととなります。
 

損害賠償額を試算するときの注意すべきポイント

損害賠償額を試算するには、被害者の「基礎の事情」によって試算していきます。

「基礎の事情」とは被害者はどれくらいの収入か、後遺症が残った場合の程度はどれくらいか、過失割合はどれくらいか、慰謝料の額はどれくらいが妥当か、ということです。

被害者側と加害者側が、それぞれ自分が有利となる条件を採用しようとするので、双方で損害賠償額の算定に差が出てくるというわけです。

被害者としては、自分が算定した損害賠償額の根拠の妥当性を、証拠を持って主張していくことで示談交渉を有利に展開していかなければなりません。

 

法律問題の個別相談・お問い合わせはこちらから

ImgTop4.jpg

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。

法律相談の流れehlo_mailban.png


事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら



不動産トラブルについてはこちら

江原不動産サイトバナー2.png





弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner

 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-9-6 新越谷プラザビル2F

Copyright © 2015 弁護士法人江原総合法律事務所 All Rights Reserved.